医療系への転職は対策が必要

医療系へ転職を考える介護で働いてきた看護師は苦労をすることがよくあります。医療現場では即戦力の人材を求めていることが多く、看護師の資格があったとしても現場経験がないと敬遠されてしまいがちなのです。

しかし、志望動機の書き方一つで状況が変わることは念頭に置いておきましょう。書類選考で落とされてしまった経験がある人でも、面接まで到達しても失敗してしまった人でも少し着眼点を変えて工夫するだけで採用してもらえる可能性が飛躍的に高まります。

基本的な考え方として大切なのが、自分が介護系の職場で働いてきたことについて、医療現場に与えるメリットは何かを明確にすることです。志望動機という位置付けから、自分がなぜ医療系へ転職しようと考えたのかを明確にしようと考えてしまいがちになります。

しかし、雇用する側の立場に立ってみると最も重要なのは、採用したことによって現場にどれだけのメリットを与えられるかです。どのような職場で働いてきたかによって具体的な文面には違いがありますが、介護では個別に適切な看護を行う必要性が高いのが特徴であり、その点に着目して医療への貢献の仕方を述べてみるのは良い着眼点でしょう。

逆に介護現場で医療知識や技術の必要性を感じたという志望動機の場合には、再度転職して介護現場に戻ってしまうということを示唆することになるので採用される可能性が低くなります。このように採用する側の視点に立って内容を考えると転職に成功する可能性が高まるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です